Information

ホーム >> Information >> 2016年

RSS

2017年  2016年  2015年  2014年  2013年  2012年  2011年  2010年以前

2016年

2016/12/21 「SS向け緊急用発電機」機種ラインアップを拡大しました

当社はこのたび、ガソリン計量機稼動用の「SS向け緊急用発電機」に、7kVAの中型発電機
(型式:DGM80BMK/TAT)をラインアップいたしました。
 この中型発電機は、従前の「三相200V単相100V同時供給」に加えて「単相200V」電源も
同時供給できることから、従前の計量機3台分の電源供給だけでなく、POSや油面計、さらには
LEDキャノピー灯2灯分の電源供給にも利用できます。
また、移動の簡便性にも配慮した「キャスター付き(可搬式)」も用意しております。

 「SS向け緊急用発電機」は、このたび事前申請がスタートした資源エネルギー庁の平成28年度補正予算「住民拠点SS整備事業」の中核となる「自家発電設備」です。
当社はガソリン計量機稼動用の「SS向け緊急用発電機」(型式:QF−1001 5kVA出力)を11年前に発売し、全国で累計2,472台(2016年11月末現在)を配備していただいております。
本体にキャスターが付いて、かつコンパクトサイズのため、移動が簡単で常置場所の自由度も高いことが特長で、本年4月の熊本地震の際にも多くのSSで計量機への電源供給に活用されました。

なお、上記2機種(QF−1001、DGM80BMK/TAT)以外にも、SSの緊急用対策の形態に応じて、10 kVA以上の大容量タイプを含め、各種取り扱っております。

当社としましては、各種災害対応製品やこれまでの補助事業で積み上げたノウハウの提供を通じて、これからもSSの地域社会への貢献をお手伝いしてまいります。

                                                      以 上

2016/11/8 ビジネスEXPO「ほっかいどう水素イノベーション展2016」に出展

このたび当社は、北海道最大級のビジネスイベント「ビジネスEXPO」の併催展示会「ほっかいどう水素
イノベーション展2016」(北海道庁主催)に下記の通り出展いたします。
 ぜひ当展示会にお越しいただき、当社ブースにお立ち寄りくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


                    記


◆ 日 時 : 平成28年11月10日(木) 午前10時〜午後5時30分
          平成28年11月11日(金) 午前9時30分〜午後5時


◆ 会 場 : アクセスサッポロ 屋内展示場1F(札幌市白石区流通センター4丁目)
          「ビジネスEXPO」内「ほっかいどう水素イノベーション展2016」

◆ 交 通 : 地下鉄東西線「大谷地駅」より無料シャトルバス運行(15分間隔)
         同上「大谷地駅」(3番出口)下車 徒歩約15分
         (車でご来場の場合、約1,000台の無料駐車場があります)

◆ 出展内容:
   1)燃料電池車用高圧水素ガスディスペンサー『Hydrogen−NX H』
     長距離走行が可能な82MPaの高圧水素ガス充填に対応したディスペンサー。
     充填ノズルを側面に配置し、両面に操作スイッチを装備。

   2)120MPaクラス水素ガス用コリオリ流量計
     水素ガスディスペンサーに組み込まれている、水素ガスを計量計測する流量計。
     120MPaクラスの超高圧充填に対応し、±0.5%の高精度測定を実現。

   3)その他パネル展示
     国内の水素ステーション設置状況をパネル展示。


ビジネスEXPO:http://www.business-expo.jp/
                                                        以 上

2016/10/18 「2016土壌・地下水環境展」に出展

このたび当社は、(一社)土壌環境センターおよび日刊工業新聞社主催の「2016土壌・地下水環境展」に、
下記のとおり出展いたします。
是非当展示会にお越しいただき、当社ブースにお立ち寄りくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

                    記

◆ 日 時 : 平成28年10月19日(水)〜 21日(金)
          午前10時〜午後5時

◆ 会 場 : 東京ビッグサイト 東1ホール(東京都江東区有明3−11−1)
          当社ブース小間番号は「D−C1」です。

◆ 交 通 : りんかい線「国際展示場」駅下車 徒歩約7分
          ゆりかもめ「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分

◆ 出展内容 :
     1)危険物施設に対する土壌汚染調査・対策に関する紹介
       ガソリン計量機メーカーとして、長年に亘り、ガソリンスタンド等の危険物施設施工に
       携わってきた経験を生かした土壌汚染調査・対策について、ガソリンスタンドのジオ
       ラマを使用して紹介します。

     2)新規オープンの自社分析室、全国79箇所の直営拠点によるサービス提供
       2016年11月に新規オープンする最新設備を備えた自社分析室の紹介、及び全国79
       箇所の直営拠点で展開する均一品質ワンストップ型のサービス提供について紹介。

     3)開発中の小径浮上油回収ポンプ展示(参考出品)
       Φ100mmの井戸に設置可能な小径浮上油回収ポンプ。

2016土壌・地下水環境展 : http://biz.nikkan.co.jp/eve/dojyo/
                                        
                                                         以 上

2016/9/27 「インターメジャー2016」に出展

このたび当社は、日本計量機器工業連合会が主催する計量計測の国際総合展「第27回 計量計測展
インターメジャー2016」に、下記のとおり出展いたします。
是非当社ブースにお立ち寄りくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

               記

◆ 日 時 : 平成28年9月28日(水)〜30日(金) 10時〜17時

◆ 会 場 : 東京ビッグサイト 東4ホール  ※当社ブースは「M−27」です

◆ 入 場 : 無料(事前登録制)

◆ 交 通 : りんかい線「国際展示場」駅下車 徒歩約7分
         ゆりかもめ「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分

◆ 出展内容 : 「災害対応」をテーマに、下記の製品展示・パネル掲示をいたします。

    。極椒曄璽昂織泪襯膳徇無 屮汽法治裡
     「燃料に混入した水を検知し給油をストップする機能」を標準装備した当社の最新型計量機。
     水害によって地下タンク内に水が混入した場合等に備えます。

    緊急用バッテリー可搬式計量機
     クルマのバッテリーから電源を取り、地下タンクより直接、燃料を汲み上げて給油する計量機です。
     災害による停電時などの初期対応に最適です。

    6杁淪冏電機
     ガソリン計量機などSS設備向けに100V/200Vが同時に供給できます。
     全国2000ヶ所以上に納入され、近年の震災時でも有効活用されています。

    ざ杁淹の調理ユニット「レスキューキッチンシステム」
     灯油を熱源に、炊飯をはじめ「煮る」「炒める」等あらゆる調理ができるユニットです。
     官公庁、学校、各種団体など幅広い納入実績があります。

                                                         以 上

2016/9/5 「関西FC EXPO2016」に出展

このたび当社は、関西で初の開催となる「関西FC EXPO2016 〜第1回 国際 水素・燃料電池展〜」に
下記のとおり出展いたします。
是非当社ブースにお立ち寄りくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

              記

 ◆ 日 時  : 平成28年9月7日(水)〜 9日(金)
           午前10時〜午後6時(9日のみ午後5時終了)

 ◆ 会 場  : インテックス大阪 2号館
           当社ブースは「2−26」です。

 ◆ 入場料  : 無料(事前申込制)


 ◆ 交 通  : JR「大阪」駅より直通バス25分
           南港ポートタウン線「中ふ頭」駅より徒歩5分

 ◆ 出展内容 :
     1)燃料電池車用高圧水素ガスディスペンサー『Hydrogen−NX』
       長距離走行が可能な70MPaの高圧水素ガス充填に対応したディスペンサー。
       省スペース化に最適なコンパクトデザインのモデルを展示。

     2)移動式水素ステーション用ディスペンサー
       移動式水素ステーションに搭載され、納入実績を重ねる高圧水素ガスディスペンサー。

     3)コリオリ流量計
       水素ディスペンサーに組み込まれている、水素ガスを計量計測する流量計。
       ±0.5%の高精度の測定を実現している。

 関西FC EXPO : http://www.fcexpo-kansai.jp/

                                             以 上

2016/8/1 昭和初期のガソリン計量機が「機械遺産」に認定

このたび、当社が昭和初期に製作したガソリン計量機が2016年度「機械遺産」に認定され
ました。
「機械遺産」は、歴史に残る機械技術関連遺産を文化的遺産として後世に伝えていくことを目的
に、一般社団法人日本機械学会が2007年に設立した制度で、これまでに初代新幹線やグランドセイコーなど76件が認定されております。

 今回認定対象となった計量機は、当社が昭和12年に製作した「特許タツノ式ガソリン計量機 
型式25号」で、流量計と計量表示部をまだ装備していない機種です。
地下タンク内のガソリンを手動ポンプで、本体上部のガラス容器(容量40リットル)に汲み上げ、
容器内の摺動(しゅうどう)管と基準管の高低差により、5リットルまたは1ガロンごとに任意で迅速
な給油を実現した機種です。
 認定にあたり、日本機械学会より「燃料をこぼさず、蒸散を抑え、さらに顧客の求める量を正確に
供給するという機能を併せ持つ本機が、危険物の安全な計量と供給の技術を通じて、わが国の産業の発展に貢献した」との評価をいただきました。
 本機は当社横浜工場(横浜市栄区)内のショールームに2012年の開設当時より展示しております。

 ガソリン計量機はその後、メーター電動式、時計式計量表示さらには電子式へと進化していきましたが、これらの発展の礎となったのが、今回認定された当社製ガソリン計量機といえます。
当社はこの認定を励みに、さらに独創的かつ利便性の高い製品づくりに力を尽くしてまいります。

                                                     以 上

2016/8/1 「水素情報館 東京スイソミル」に水素ディスペンサーを展示

当社は、7月27日にオープンした「水素情報館 東京スイソミル」(所在地:東京都江東区
潮見、運営:東京都環境公社)に、水素ディスペンサー等を展示しております。
 「東京スイソミル」は、東京都が目指す水素社会の実現に向けて都民や事業者がその理解を
深めることを目的に、水素エネルギーの情報発信拠点となる施設です。

 本館は2階建てで、1階は主に児童を対象に水素エネルギーについて6つのコーナーから紹介
する展示室、2階は水素ステーションの運営に関わる事業者の講習会等を行う講義室が設けられており、講義室手前には、水素ビジネスの関連企業を紹介するブースが、常設展示として構えられております。


 当社は、1階展示室の「水素社会と私たちの未来」のコーナーでは、見学児童に、燃料電池車とディスペンサーとの関連を理解してもらおうとの趣旨に則って、燃料電池車ミニチュアの隣に5分の1スケールの水素ディスペンサーのモックアップ(模型)を展示しております。
一方、2階の企業紹介ブースには、水素ディスペンサーの代表機種「Hydrogen−NX L」を展示し、トヨタの燃料電池車「MIRAI」をイメージしたカットモデルの水素充填口を使って、擬似的な充填作業、充填カプラの重量などを体感していただくことができます。
またブース内では水素の質量を量るコリオリ流量計の紹介パネル等も展示しております。


 東京都は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに、都内に 35ヶ所の水素ステーションの開設を目標に掲げています。本機は現在の都内の水素ステーション13ヶ所(開所予定含む)のうち、過半数のステーションに設置されていますが、当社としましては、本展示を通じて、今後も東京都の水素社会の実現に向けた取り組みに、全面的に協力していく姿勢をあらためて示していきたいと思っております。

「水素情報館 東京スイソミル」:https://www.tokyo-suisomiru.jp/

                                                      以 上

2016/4/27 海外版ホームページを全面リニューアルしました!

このたび、当社の海外版ホームページを全面的にリニューアルいたしました。

今回のリニューアルでは、デザイン、内容ともに国内版を踏襲したページといたしました。
また、海外版独自のコンテンツとして、当社の現地法人および各国の代理店をご紹介するページも
一新いたしました。

海外版ホームページURL:http://www.tatsuno.co.jp/english/
 ※国内版ページ上部の「English」からもアクセスできます。

ご活用のほど、よろしくお願い申し上げます。
                                                    以  上

2016/4/18 平成28年熊本地震で災害対策本部を設置

4月14日からの一連の熊本地震により、被災されたお客様におかれましては、
心よりお見舞い申し上げます。
弊社では、本社内(=東京都港区)に災害対策本部を設置し、弊社九州支店
(=福岡市博多区)と連携を取りながら、皆様のSSや石油関連施設の復旧に
ついて、ご協力させていただく所存です。
対策本部長には能登谷彰取締役営業本部長が就き、田口彰参与サービス部長が
対策本部長補佐となり、東川斉九州支店長が管轄支店の総責任者として現場の
指揮にあたります。

復旧活動に関することは何なりとご連絡くださいますようお願い致します。

《連絡先》
九州支店(福岡)  050−9000−0740
熊本営業所     050−9000−5668
大分営業所     050−9000−5672

地域により上記の連絡先が繋がりにくい場合がございますので、その際は
以下までお問合せください。
災害対策本部(東京)  050−9000−0567
                                              以上

2016/4/11 国内版ホームページを一部リニューアルしました!

このたび、当社のホームページの一部をリニューアルいたしました。

◆「ショールーム」紹介ページを新設
 当社横浜工場内に開設しているショールームの一部を、写真とともにご紹介しております。

◆「セルフ給油ワンポイントアドバイス」および「計量機自主点検マニュアル」ページの内容を拡充

ぜひご活用のほど、よろしくお願い申し上げます。

                                                      以 上
  次のページへ

▲ページのトップに戻る