タツノの歴史と挑戦

ホーム >> タツノの歴史と挑戦
はじめに戻る
  • タツノの歴史と挑戦

    タツノの歴史と挑戦

    創業から 100 年を超える歴史と伝統を持つ「タツノ」。
    その軌跡と、これからのタツノの活躍についてご紹介いたします。

  • 創業から現在まで

    創業から現在まで

    1911 年(明治 44 年) 創業者である龍野右忠が龍野製作所を創立。1919 年(大正 8年)には、日本で初めてガソリン計量機を開発。石油業界・クルマ社会の変動とともに事業発展を続けてきました。

  • 日本初のガソリン計量機

    日本初のガソリン計量機

    1911 年(明治 44 年) 創業者である龍野右忠が龍野製作所を創立。1919 年(大正 8年)には、日本で初めてガソリン計量機を開発。石油業界・クルマ社会の変動とともに事業発展を続けてきました。

  • 開発の歴史

    開発の歴史

    1911 年(明治 44 年) 創業者である龍野右忠が龍野製作所を創立。1919 年(大正 8年)には、日本で初めてガソリン計量機を開発。石油業界・クルマ社会の変動とともに事業発展を続けてきました。

  • 日本から世界へ

    日本から世界へ

    創業から 100 年を超えた現在、日本では 60%以上のシェアを誇っています。さらに、海外への展開もアジア・ヨーロッパ・中近東・オセアニア・アフリカなどへ広がり、生産・販売・メンテンナンスを展開しています。

  • タツノのこれから

    タツノのこれから

    タツノが今まで培った技術を活かし、皆様のSS運営に貢献できるよう今後も邁進してまいります。

▲ページのトップに戻る