平成28年度補正予算 補助事業について

ホーム >> 平成28年度補正予算 補助事業について

住民拠点SS整備事業

  1. 予算額・補助率等
    予算額 19.8億円
    補助率 10/10
    対象費
    本体購入費、設置工事費(試運転調製費、電気工事、土木工事等)
    対象外
    消費税、消防手続費(代行費等)、諸経費、一般管理費
    申請回数 1回/1SS 事前申請を実施
  2. 対象設備・上限金額
    対象設備 自家発電設備(内燃機関で計量機2基同時稼動のこと)
    緊急可搬式バッテリー計量機、緊急用可搬式ポンプ
    上限金額 250万円/1SS
  3. 申請
    事前申請
    募集期間
    平成28年12月12日(月)〜平成29年1月20日(金)
    必要書類
    事前申請書・誓約書・見積書(1社分)・平面図
    本申請
    (平成28年度補正分)
    募集期間
    平成29年2月〜3月
    必要書類
    申請書・誓約書・平面図(事前申請のもので可)・見積書(2社以上の見積書添付)
    実績報告期限 平成30年2月9日

※その他詳細は、石油協会ホームページをご覧ください。
石油協会 : http://www.sekiyu.or.jp/

タツノの緊急用発電機(補助対象製品)

当社の「緊急用発電機」は発売から11年。
SSシェアNo.1の全国2,472台をご採用いただいております。
(2016年11月末現在)
  • 緊急用発電機 三相(5.0kVA/5.5kVA)タイプ
    緊急用発電機
    三相(5.0kVA/5.5kVA)タイプ
    計量機3台分の電力供給。
    キャスター付きで移動可能。
    詳細はこちら»
    ご採用実績
    第1位
  • 緊急用発電機 三相(7.0kVA/8.0kVA)タイプ
    緊急用発電機
    三相(7.0kVA/8.0kVA)タイプ
    単相100V・200Vの同時使用が可能。
    POS、LED照明へも電力供給できる。
    詳細はこちら»
上記以外にも、豊富なラインナップをご用意しております

タツノの緊急可搬式バッテリー計量機・緊急用可搬式ポンプ(補助対象製品)

  • 緊急可搬式バッテリー計量機
    緊急可搬式バッテリー計量機
    自動車バッテリーから駆動する緊急時対応型計量機。
    詳細はこちら»
  • 緊急用可搬式ポンプ
    緊急用可搬式ポンプ
    震災時の緊急車両への給油をスムーズに行える手動式ポンプ。
    詳細はこちら»
詳細は、最寄りの弊社支店・営業所へお問い合わせください。
事業所一覧はこちら»

経営安定化促進支援事業

  1. 予算額・補助率等
    予算額 39.8億円(経営安定化促進支援事業、灯油配送合理化促進支援事業の内数)
    補助率 1/2以下
    対象費
    本体購入費、設置工事費(設置のために必要な既存設備の撤去費・処分費含む)、消防納付金
    対象外
    消費税、諸経費、一般管理費、消防手続費
    申請回数 1回/1SS
  2. 対象設備・上限金額
    対象設備 簡易計量機、POSシステム、ベーパー回収設備(計量機)、ベーパー回収設備(荷卸し設備)、門型洗車機、樹脂製配管
    上限金額
    • 対象設備ごとの補助金交付限度額
      簡易計量機:250万円
      POSシステム:50万円
      ベーパー回収設備(計量機):500万円
      ベーパー回収設備(荷卸し設備):500万円
      門型洗車機:500万円
      樹脂製配管:400万円
    • 1給油所で補助対象設備を複数申請、および1企業で複数給油所を申請する場合の補助金交付限度額
      1給油所:500万円
      1企業:1,000万円
  3. 申請
    事前申請
    募集期間
    平成28年12月26日(月)〜平成29年2月10日(金)
    必要書類
    こちらをご参照ください http://www.sekiyu.or.jp/
    実績報告期限 平成30年2月9日

※その他詳細は、石油協会ホームページをご覧ください。
石油協会 : http://www.sekiyu.or.jp/

タツノの補助対象製品

ベーパー回収設備(計量機、荷卸し設備)やPOSシステム、樹脂製配管など、対象製品の多くを、
当社製品でまかなえます。

  • ベーパー回収機能付きガソリン計量機 サニーNXD70S
    ベーパー回収機能付きガソリン計量機
    サニーNXD70S
    給油時に発生するベーパーを回収し、ガソリン実液としてタンクに戻す、
    環境性能に優れた高機能計量機。
    詳細はこちら»
  • ベーパー回収機能付きガソリン計量機 タワーNXD70S
    ベーパー回収機能付きガソリン計量機
    タワーNXD70S
    給油時に発生するベーパー回収機能を内蔵した、
    ロングホースタイプの高機能計量機。
    詳細はこちら»
  • 荷卸し時ベーパー回収装置 エコステージL100
    荷卸し時ベーパー回収装置
    エコステージL100
    荷卸し時に発生するベーパーを液化回収し、
    環境対応型SSを実現する装置。
    詳細はこちら»
  • POSシステム POS-G
    POSシステム
    POS-G
    POS本体から外設機まで、
    操作性、効率性に優れたラインナップ。
    詳細はこちら»
  • タンク内蔵移動式計量機 キュービック計量機
    タンク内蔵移動式計量機
    キュービック計量機
    タンク内蔵で簡単給油ができる、電動のコンパクトな計量機。
    詳細はこちら»
  • 石油用地下埋設樹脂配管 JTO Flex
    石油用地下埋設樹脂配管
    JTO Flex
    初の国産総樹脂配管で、腐食電食なし。
    詳細はこちら»
詳細は、最寄りの弊社支店・営業所へお問い合わせください。
事業所一覧はこちら»

灯油配送合理化促進支援事業

  1. 予算額・補助率等
    予算額 39.8億円(経営安定化促進支援事業、灯油配送合理化促進支援事業の内数)
    補助率 2/3以下
    対象費
    本体購入費、代行手続費、消防納付金
    対象地域
    01) 石油製品の供給不安定地域等
    02) 豪雪地
    03) 過疎地域
    申請回数 1回(1台)/1事業者
  2. 対象設備・上限金額
    対象設備 容量10KL未満のタンクローリー、容量10KL以上のタンクローリー、灯油配送用貯蔵タンク
    上限金額 容量10KL未満のタンクローリー:400万円
    容量10KL以上のタンクローリー:1,000万円
    灯油配送用貯蔵タンク:2,000万円

    ※タンクローリーと灯油配送用貯蔵タンクを併せて申請する場合、1社(者)あたりの上限額は合計2,000万円。
  3. 申請
    事前申請
    募集期間
    平成28年12月26日(月)〜平成29年2月10日(金)
    必要書類
    こちらをご参照ください http://www.sekiyu.or.jp/
    実績報告期限 平成30年2月9日

タツノの灯油配送用タンクローリー

“配達の効率化”をコンセプトとした当社の「ホームローリー」は、作業性、安全性、耐久性に高い評価をいただき、発売開始から50年あまりロングセラーを続けております。

  • 車載型灯油ローリー ホームローリー
    車載型灯油ローリー
    ホームローリー
    350Lから2KLまで5種の容量をラインナップ。
    詳細はこちら»
詳細は、最寄りの弊社支店・営業所へお問い合わせください。
事業所一覧はこちら»

▲ページのトップに戻る